タグ:小説 ( 14 ) タグの人気記事




ガールガールガール第二話!

2話 アンニュイ・マイシスター

「はぁ……」
朝の通学路にて猫子は溜息をつく。
まるでその重さが肩にのしかかってくるようで、猫子はただでさえ小さい背を更に丸めていく。
結局、一睡もできなかった。その証拠に目の下には大きなクマができている。
あれだけの時間がありながら、猫子は納得のいく答えを出せないでいた。
いや、その表現は適切ではないかもしれない。
何せ猫子にとって告白はこれまでの人生で考えられないシチュエーションだったのだ。恐らく、これからも。
更にその相手が同性ともなれば、与えられた期限は少ないと言って差し支えないのではないだろうか。
猫子は元から優柔不断なのも多量に関係してはいるが。
(何でこんなことに……)
本来ならば、いつものように冴えないながらも健康な顔つきで登校していたはずである。
しかしその姿は見る影もなく、猫子の心情をそのまま吐露したかのような暗さに満ちていた。
ダウナーな、という言葉は正しくこのような時に用いるのだろう。
猫子は過去に読んだ書籍の内容を思い出しながら、再びため息をついた。
(溜息ばっかりだなぁ)
溜息を吐きだすたびに幸せが逃げていくという俗説が本当だとするなら、いくつ手元から去っていったのだろう。
今の猫子の心を暗くさせるには真贋もわからぬ風聞でさえ十分な効果があった。
このようなどうでもよい想像を膨らませ、猫子ははっと我に返る。
そうして、限られた時間を浪費したことや無駄遣いの後に来る労苦を憂いながら、また後悔に囚われるのである。
昨晩からこの調子でどうも思うように頭が働かない。
猫子はことさらに深く長く息を吐き出して、また青い鳥がかごから出たのだなと思った。
これではデフレスパイラルではないか、と猫子は暗い表情を色濃くしたが、この現状を打破することは敵わない。
改めてこの問題の難解さを確認して、一つの事実に気付く。
(もう学校だ!)
気付けば毎日のように通う学び舎が眼前にあり、猫子は思わず顔を驚きに歪めた。
学生の何人かは驚きに染まった猫子を見やるが、すぐに前を向いて歩き出していく。
(は、恥ずかしいなぁ……!)
猫子は頬を赤く染めて、顔を両手で覆い隠した。
普段学校で目立っているといいがたい猫子にとって、この様な大したことのない行為でも周知を覚えるには十分なものであった、
意識的に目立たないようにしている、と言い換えたほうが正しいか。
猫子とて明るい青春というものに憧れない訳ではない。
しかし、憧れと現状は別であるとも認識していた。
自分は、そういう物が苦手だ。
だからこそ、猫子はひっそりと目立たない立ち位置にいることを選択した。
だが、一方で猫子はその憧れをいまだに捨て切れていない。
自覚はしている、それが欠点なのだともわかっている。
けれど、同時にその煮え切らなさが自分自身でもある。
その狭間で悩み苦しみ、うじうじとしているのが作来猫子なのだ。
羞恥に共鳴したコンプレックスを内に抱き、猫子は校門をくぐった。

時間は少しばかりすぎて昼休みである。
食べ終わった弁当の包みを閉じて、机に頬杖をつく。
猫子は返答が待ちきれない照美が尋ねてくるのではないかと予想していたのだが、そんなことはなかった。
どうやら大人しく放課後まで待つらしい。少しばかり、拍子抜けである。
よいことのはずだ。それ自体に間違いはないのだが、胸騒ぎがする。
(どうすればいいんだろ)
徹夜でここにきているということも手伝ってか、上手く頭が回らない。
学校に着てみれば何かがわかるのではないかと甘い希望を抱いていたが、それは粉々になって打ち砕かれる。
(とりあえず歩いてみようかな)
眠気が沸いてくるのもあり、気分転換もかね猫子は教室の外へと繰り出してみることにした。
途中で照美に会わないことを祈りつつ。

中庭を通り過ぎ、体育館の喧騒をちらと眺め、最後にたどり着いたのは全ての元凶となる下駄箱である。
実際は一日も過ぎてはいないが、遥か昔のことのように感じられた。
それはきっと、猫子にとって予想もしていない体験だったからだろう。
なにせ、初めて人に思いを告げられた上に、それが同姓であったのだから。
(手紙なんか入ってたりして)
猫子はそんな自身の考えにありえないだろうと頭を振ったが、完全に否定はできないでいた。
(差出人は女の子。また屋上に呼び出されて、それで……)
なんとなく不安に駆られて、あけるだけあけてみようと、猫子は下駄箱の扉をそっと開いた。
そして、中を除くと同時に猫子は驚嘆する。
「えぇっ!?」
入っている。
紛れもなく入っている。
目を凝らして、自分の間違いだろうとなんども目を擦り、問題の下駄箱を見やるが、入っている。
図らずも大きい声を出してしまったことに猫子は顔をしかめるが、幸いにも周りには人が誰もおらず、ほっと胸を撫で下ろす。
そうして今度は慌てて下手箱の中の手紙を取り出した。
全く持って忙しないなと思うが、事態が事態なだけに仕方がない。
照美のものとは違って白い普通の封筒である。
特に何かがあるわけでもないが、差出人の名前は書かれていなかった。
この手の文章――といっても決まったわけではないが――には名前を書かないのがルールなのだろうか。
確かに手紙のほうが奥ゆかしくはあるし、テンプレートが存在するだろうから、そうといわれればそうなのかもしれないが。
(告白とかじゃないよね?)
否定してほしい一心でそう思ってはみるものの、ここにいるのは猫子ただ一人である。
名も知らぬ何かに祈りながら、猫子はおそるおそる封を切った。
飾り気のない白い便箋に丁寧な字で一文が添えられている。
放課後に屋上で待っています。
そのお決まりの文句が目に飛び込んでくると猫子は肩を落とした。とかく、この世は髪も仏もない。
待っててねと書かれていなかったのがせめてもの救いではあるが。
けれど、場所はよりにもよって屋上である。
(放課後返事もしなきゃいけないのにぃ……)
上手な告白の断り方など、猫子は知らない。
それを教えてくれそうな人は、猫子の周りにはいない。というよりかは友達が居ない。
本人にでも聞けばよいだろうか。なんて断ったらあきらめてくれますか?
いやいやいや。それこそありえない。最低な女である。
迫りくる現実を回避する術を思案しつつ、猫子は再び時の渦に流されてゆく。

いよいよ放課後である。
友達から始めましょう。これが無難で角の立たぬところだろう。
ようやく一応の考えを纏めた猫子は、連日に渡って呼び出しが発生するのはどのくらいの確率かを考えていた。
計算不能。奇跡的であることは間違いない。
そして悲しいかな、その相手は同性である。
珍奇な状況に輪をかけて奇怪さが増したところで、笑い話の種にもなりそうになかった。
もとより行くしか道は残されていないのだ。
足取りは重く、道のりは遠く感じられる。
それでもいつかはたどり着いてしまうことは必定で、猫子は屋上の軋む扉を開けた。
空を見ればさんさんと陽光が降り注いでいて、外を明るく照らしている。
その天然のライトを背景に少女が後ろ向きで立っていた。
後ろ向きなので顔は見えないが、ストレートの黒髪は、背の中ほどまで伸びている。
その艶やかな髪を風が撫でた。
来訪者に気づいたのだろう。少女がこちらに振り向く。その動作はどことなくぎこちない。
切れ長で垂れ気味の目元がこちらを見る。緊張と優しさの入り乱れる視線が猫子に注がれる。猫子は居心地悪くそれを見つめ返す。
そして細くとおった鼻と少し厚めの唇が目に入った。規則正しく着られている制服と、陶磁器のように白い肌が儚げだ。一般庶民が思うような、良家のお嬢様のイメージそのままである。
(きれいな人だなぁ)
猫子はそんなことも思う。次に、この展開へのデジャブを感じていた。
言わずもがな、昨日の一件である。照美事変と名づけよう。
位置こそ反対であるが、口を利くことさえなくお互いを見ている点は同一だった。
(最初って必ず見つめあうものなの?)
一度の経験があるがゆえに猫子はこのようなことを考える余裕があった。
照美よりかはまともそうである、というのも大きい。
それでも緊張はしているのだが。
照美といえば、彼女もこの屋上に来るのだ。なるべく遅くなってほしい。
「こんにちは」
猫子がそんなことを考えていると少女から挨拶をされる。
垂れ気味の目じりが更に下がる。反対に口元はつりあがって、笑みを形作った。
言葉が音として猫子の耳に流れこんでいく。水面にできる波紋のような、静かできれいな声だった。
「こ、こんにちは」
ついついどもってしまう。なんだか格好悪い。
「お待ちしておりました。作来猫子さん」
少女は言う。
視線にも身長にも随分と高低差がある。加えてスタイルにも激しい差異があった。
猫子は少女を見上げる形になり、スタイルもこちらの方が幼い。
負けている。すべてにおいて、負けている。
そんな落胆を隠しながら、猫子は返答した。
「……手紙の人です、か?」
一応の確認のため、猫子は聞いてみることにする。
「はい」
少女は簡潔に答えた。少し頬が赤くなっている。
「え、えと、もう知っていると思うんですが、作来猫子といいます」
同じく猫子も頬を赤く染める。いつまでたっても自己紹介は気恥ずかしい。
「これはどうもご丁寧に。私は牛ヶ咲すささと申します」
少女が優雅に頭を下げる。顔は変わらず笑顔である。
猫子もそれにつられて一礼する。そのまま二人でしばらく頭を下げあう。

「ほ、本題に入りましょうか」
すささが苦笑して話しを切り替えた。そして、ピアノの線のように張り詰めた緊張が屋上を支配する。
すささの顔は少しばかり険しいものになり、勇気を搾り出そうとしているのが見て取れる。
「は、はいっ」
猫子も思わず身構えてしまう。そして、少しだけ悲しい気持ちになった。
すささの好意を断る。それはとても残酷なことではないのか。
猫子は嫌だった。誰が相手であれ、悲しませるのはいい気分ではない。
では付き合うのかと問われたら、首を横にふるしかない。
まず猫子は相手のことを全く知らない。相手だって言わずもがなだ。
「作来猫子さん!」
すささが大きな声で名前を呼んだ。
「ひゃ、ひゃい!?」
思考の世界から現実へと呼び戻された猫子は突然のことに素っ頓狂な声を出してしまう。
どうやらすささの覚悟が決まったようだった。
「わ、私の妹になってください!」
「ご、ごめ……え?」
すささの言葉に反射的に断りをいれようとした猫子だったが、その言葉は最後まで言い切られることはなかった。
変わりに、目をぱちくりとさせて、間抜けな声をあげる。
(今、妹って言わなかった?)
おそらくは自分の聞き間違いだろう。
けれど、聞こえてきたのは紛れもなく妹という単語であった。英語で言うならばシスターである。
「あ、あのー、もう一度お願いしてもいいですか?」
猫子は問う。自分の耳がおかしくなったと考えたいところだが、猫子の体はいたって正常である。
自分がこのタイミングで聞き間違いをするとは思えないが、すがるような目で猫子は問うた。
「わ、私の妹になってください!」
やはり、現実であるようだった。
目を閉じ、こちらへ向かって頭を下げるすささからは焦燥感が見て取れた。そのくらい、真剣なのだろう。
「い、妹?」
彼女でもなく、友達でもなく、まさかの妹である。
「はい! 妹です! 英語で言うとシスター、マイシスターになってください!」
言語の問題ではない、と猫子は突っ込みたい衝動に駆られたが、どうにも言い出せそうにはない雰囲気だ。
(待って、わかるように話して!)
昨日とは別の意味で面倒臭い状況だ。
頭を必死に下げつつ、今にも泣きそうな顔をしているすささ。
今のところ身の危険はなさそうだが、風雲急を告げる展開である。
告白ならまだしも、妹になって欲しいなどどう断れというのだ。見当もつかない。
まずは理由を聞いてみよう。会話をしてみよう。おずおずと猫子は口を開く。
「なんで、その……妹なんですか?」
すささは人差し指で髪の毛を弄りつつ、顔を横に背ける。
「か、かわいかったから……」
そして赤面しつつ、小さい声でつぶやいた。
「今のすさささんの方が可愛いと思うんだけどな……」
なんだか、面と向かってかわいいといわれると気恥ずかしさが出てきてしまうのだ。
性格を鑑みる限り、すささもそうなのであろう。
もし口に出した場合の反応が怖い。益々混沌とすることは間違いないからだ。
「あ、ありがとうございます」
当たり障りのない返答をしようとするも、上手く言葉を返せない。人に容姿をほめられることがまずない、ひとりぼっちの悲しい性である。
「かわいい、だけじゃわかりませんよね。それでは、最初からお話ししましょう!」
「はい……お願いします」
すささのテンションが妙に高い。先ほどから喜怒哀楽がころころと変わるのが、少しばかり恐ろしい。
それでも、しばらくは聞き役に徹していよう。猫子としても気になるところではある。
「私は幼い頃より、ずっと妹が欲しいと願っていました。ですが私は一人っ子ですし、今から妹を作ってとお願いをするわけにもいきません。そんなある日、私は名案を思いつきました! 妹がいないならば妹を作ればいいのです! 天は姉の上に妹を作らず、妹の下に姉は作らずと福沢諭吉も言っていることですしね!」
興奮ですささの頬が紅潮する。それと、福沢諭吉はそんなことをいっていない。
「しかし誰彼構わず妹には出来ないので、私はこれはと見定めた女の子にだけ声をかけることにしました。……中々見つからず半ば諦めかけていたその時、私は天使を見つけたのです!」
ささらは饒舌になって、とうとう身振り手振りを駆使し始めた。
「教室に一人佇む物憂げな姿! 人形のような華奢な体躯! 弱弱しくゆれる瞳! いいところをあげればキリがありません! ともかく、それがあなただったのですよ作来さん!」
昨日と同じような展開に猫子は若干辟易としつつも、半ば威圧感に気おされるようにしてこくこくと頷く。
「そのときに私は決めました! あなたを妹にしようと! さあ桃園の誓いを今ここで!」
冷静に猫子は桃園の誓いは意味が違うと指摘したかったが、それは焼け石に水であると悟る。
ただ、無残な結果に終わろうと、これだけは指摘しておきたかった。
「あの、一ついいですか?」
「はい、なんでしょうっ!?」
すささは息を荒げている。その熱意が、単純に怖い。
「そもそも妹になれないと思うんですけど……」
猫子の問いに、すささは感極まったのか涙を流す。
(え、えっ? 何で泣いてるの?)
次に、猫子の心配とは真逆の言葉がすささの口から飛び出した。
「な、なんて優しい子なのかなっ。迷惑をかけてはいけないと自分の気持ちを押し殺してまで姉を立てるその姿勢! うぅ、ぐすっ……大丈夫よ作来さん。社会のしがらみを乗り越えて一緒に幸せになりましょうね! お姉様でもお姉ちゃんでも姉ちゃんでも姉上でもあねぇでも姉貴でも姉君でも姉ちゃまでもねえやでも姉たまでも姉さんでも私呼び方は何でもいいから!」
(どういうことなのー!?)
どうやらすささの色眼鏡を通すと今の台詞は姉と慕いたいけれど、姉を思えばこそ身を引く妹となっているらしかった。
ピントがずれているどころの騒ぎではない。
「い、いえあの、そうではなくてっ!」
「わかってるから、言わなくていいんですよ……作来さんの気持ちはよくわかってます」
すささは溢れ出んばかりの涙を拭うと、猫子に向き直って、笑った。
先程の上品な、外行きのものとは違って、家族に向ける類の親愛を示す笑顔だ。
どうしよう。何を言おうと、この雰囲気の前では立ち消えになりそうだ。
告げるべき言葉が見つからず、嫌にムードがでてきたその時である。

続き
[PR]



by u-pa-ru-pa | 2014-06-08 20:19 | 小説

ソフトクリームを食ってる男共

今、俺達はソフトクリームを食べている。
男四人のむさくるしい部屋で。
「あっちぃ……」
俺はそう呟いて、スプーンですくったソフトクリームを口に運ぶ。
蝉も忙しなく鳴いているこの真夏日に勿論エアコンなんて便利な道具はない。
いや、この殺風景な部屋には文明の利器などという言葉さえ存在しないのだ。
エアコンは元より、テレビやパソコン、果ては扇風機などの家電品と呼ばれる一切が排除されている。
無駄なものが何一つないと言えば聞こえはいいが、この部屋を見るとまた違う感慨が沸いてくるのだ。
――少しくらいはあったっていいじゃないの。

続く
かくのめどいさん
[PR]



by u-pa-ru-pa | 2010-02-21 03:00 | 日記

ぼくのかいたしょうせつ

その名もガールガールガール!

ガール!ガール!ガール!
[PR]



by u-pa-ru-pa | 2010-01-06 20:50 | 小説

タイムイズマネー

タイムイ・ズマネー
時間とお金を同一に考えるのは時間に対して失礼だと犀川先生も言ってました!

ということで、今日は椎名さんから紹介して頂いた、犀川・西之園シリーズについて話しましょうか。
ちなみに俺は今封印再度まで読んでます。
確か五作目でしたね。
ちなみに、封印再度の副題みたいなのが(WHO INSIDE)でして、タイトルにかけている所が非常に遊び心が溢れていていいな、と感じました。
肝心の内容は……まだ読んでいる途中です。
ところで、カバーには大抵その作者さんの書いたほかの本が大体書いてある物ですよね。
普段、俺はそこを見ないんですが、ふと目に入ってしまいまして。
それでなんとなく見ていくうちに、一つのタイトルが目に入ったんです。
夢・出会い・魔性(YOU MAY DIE I MY SHOW
英語表記に若干の不安がありますが、とりあえずはこれでよしとしましょうか。
非常に素晴らしい!ディモールト良いッ!
このタイトルを見るたびに俺は興奮してしまいましてね。

まず、この本の主題と副題は封印再度と同じですよね。
しかし、封印再度よりも長いのでより高度だといえます。
次に夢・出会い・魔性に注目してみてください。
これも別な風に読めませんか?

夢・出会い・魔性
     ↓
夢で・会いましょう

というわけです。
これに気づいて俺はまた更に興奮してしまいまして。

ま、誰でも気づくと思いますがww
って、全然シリーズについて語ってないww
[PR]



by u-pa-ru-pa | 2007-09-29 22:47 | 日記

突然だけど

ゲスト小説を書こうと思うんだ。

参加したい人はコメント欄に書き込みよろ
どんどん参加してねっ!

設定を自分で決めるという方はこっちでお願いします。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/8626/1186838410/
↑企画スレ
尚、任せていただいても構いません。

ゲスト小説とは参加してくださる方々を登場させる小説を書くという物です。
参加したい方は是非どうぞ!
[PR]



by u-pa-ru-pa | 2007-08-09 23:23 | 日記

今度は

良く分からないものを書いてみた。
ただ一つ言えるのは、これが駄文だって事さっ!

百円で何ができるのか
[PR]



by u-pa-ru-pa | 2007-06-13 20:47 | 日記

腐女子のお姉ちゃんは三次元が怖い

ちょww最高ww長野さん凄いですww

あいつら全員喜田川にアッー!

何かKanonのOP聞いてるとすげぇ切なくなる。
それを実感した一日でした。

ちょっと待ってwwネタがないww

とりあえず多趣味だと気づいた。
余裕持ってねえの俺のほうじゃねぇかwww

今はギターを練習中。
音楽関係と小説はとりあえず優先順位が上です><
[PR]



by u-pa-ru-pa | 2007-05-28 19:47 | 日記

やっぱりラノベ持ってる奴=オタっぽいに結びつくよなー

まぁそりゃ一般人から見れば奇特な挿絵入ってるし萌えとかなんとかだし。
無いように関わらずして世間からはそう見られてもおかしくないかも。
ラノベは学校に持ってくのやめようかねぇ。
まぁここら最近ずっと新約聖書なわけだが
一応次は「全てがFになる」に手を出してみようと思ってる。
冒頭読んだけど、非常に興味がわいた。
椎名さんがオススメするだけのことはあるな。

流石アニキ!俺達が気が付かないことを平然と気づいてのける!
そこにシビレる憧れるぅ!(AA略)

少し褒めすぎたかもしれない。

面白そうなんで読んでみますね。

でもまぁ考えればラノベはまずいよな。
絵とか絵とか絵とか。
前友達に見せた時も少しひいてたし。
つうか強引に見てたな。
友「お?カイデンこんなの読んでんのかよwwまたオタク系だなwww女の子一杯だしwww」
俺「お前何勝手に見てんだよ。言っとくが内容はまともだぞww」
友「お前も好きだなwwwwちょっと見せろwwww」
とかニヤけながら言ってた。
あれ?
……
ひいてNEEEEEEEEEEEEEEE!!
でもラノベって普通の内容でも絵でそういう風に見られるんだよな。
今回は友が特殊だったんだ。
言っとくが友達は野球部で、競馬のゲームが大好きな普通の人だ。

つうかそのラノベ結構まともな方だぞ?
ごめん。
お・り・が・み読んでた。
内容は結構まともなんだけどなぁ。

でもミッシングとかは意外と大丈夫みたい。
メモオフ読んでる女子もいたし。
でもそれって女子だから大丈夫なんじゃないか?
現在のラノベ業界(?)は確実に萌え方向に傾いているのは間違いないし。
別にラノベ批判じゃないよ。

ていうかパンピーに見せると女の子移ってる絵が一枚でもあるとオタクと判断されるんだよな。
いや、俺は紛れも無いオタクだし、変態だけどさ。
でもラノベが好きで見てる人だっていると思うんだ。(圧倒的少数派だと思うけど)
そういう人もオタクと断定してしまうのはどうだろう。
高坊とか厨房ってそういうの過敏だからな。
ロリコンも言ってたけど「絵で買う奴が多い」ってのはそういうことだと思うよ。

ところで、新約聖書とラノベ読んでる奴ってどっち引くかな。
俺だったら確実に新約聖書なんだが。
とか思いながらも、読書の時間中にヨハネの黙示録見てニヤニヤしてる俺キメェwwww
使徒言行録をマジな顔で見てる俺キメェwww
やっぱ福音書はヨハネとか言ってる俺キメェwww
ルカも好きだけど。

聖書ってひくなぁ。
間違いない。
読んでる奴が言うのだから間違いない。
ただ研究対象としてはキリスト教かなり面白い。
マジでハァハァものだってアレは。

俺はキリストが起こした奇跡とか信じるつもりはないからこそ、キリストの性格が気になる。
いずれにしろ頭がいいのは間違いないと思う。

MMR借りて読んだ。
面白すぎるwww何だコレwww
でもネット洗脳はかなりリアリティがあったな。
サブミナルとかも説得力があった。

だけど最終的に国家の陰謀とか宇宙レベルとかに発展させすぎwwww

あ、そうそう。
最終的に。
読 み た い も の 読 め ば い い ん じ ゃ ね ?
byリム
[PR]



by u-pa-ru-pa | 2007-01-06 19:28 | 日記

愛の鉄拳ぱんち

アルカナやりてぇよぉ……。
けどやれねぇ……なぜかって?
バイトだからさ。

つうか話す話題がねえぞwwwwwww
とりあえず芝でも生やしてますねwwwwwww

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

はいはい、これでダークマターは溜まりましたよ。

ガットゥーゾ、ルーフレンテ!!
双子の姉の机の中からってのは爆笑したwwww
後姉の詩集も爆笑したwwwww

この日は何したっけ……創作活動してたと思います。
小説を完結させました、一つ。

それと、最近FRさん来ませんねー。
まだ見てくれてるのかな?

そういや昨日コナンやってましたねwwwww
バーロwwwwww
高校生が大人に剣道で適うはず無いだろwwwwwバーロwwwwww
若本さん出てたwwwwwバーロwwwwww
新一何してんだwwwwwwバーロwwwwww
つうか昨日なんでかかなかったんだwwwwwwwバーロwwwwwww
若本さん普通すぎwwwwwwバーロwwwwwww
ぶるわぁぁぁぁぁぁぁぁ……!!バーロwwwwwwwwww
バルバトス強いよwwwwwバーロwwwwww
ジョニー使いにくいwwwwバーロwwwwww

バーロwwwwwwwwwwww

さて、と。今日の日記は俺がひたすらバーロwwと言ってる日記でした。

アルカナしてぇよぉ……。

ちなみに、アルカナしてぇよぉ……と叫ぶ日記でもあります。
[PR]



by u-pa-ru-pa | 2006-12-26 21:34 | 日記

くどいさんが可愛い

マジで可愛い。
アニキ!これからも素敵な絵を描き続けてください!

くどいさんが可愛い。

それは、彼の呟き。独り言。

「俺、自分に嘘はつきたくないから。いや、嘘をつけねぇのかもな」
彼はそう言って苦笑した。
全く、自分は何を言っているんだろうと。
確かに私も同意見だ。

この世は正直者は生きにくい。
生きることは可能だろうが、とても生きにくい。
だから皆歪んでいく。
それが自然の流れなのに、彼は背こうとしている。
けれど生きることは可能だ。
だが、とても生きにくい。

嘘をつけばいいのに。
騙してしまえばいいのに。

何故彼は嘘をつかないんだろうか。

「俺、自分に嘘はつきたくないから。いや、嘘をつけねぇのかも」

もう一度さっきの言葉が甦る。
正直に生きれたらどんなにいいだろう。

でも、正直に生きることしか出来なかったらそれはどんなに不幸せなのだろう。

だってこの世の中は、私たちが住むこの世の中は――。
――嘘つきの世界なのだから。

ダッシュの使い方とか激しく間違えてるかも。
とりあえず情報の時間が終わって階段上ってる時に友人が言った言葉を小説化してみた。
いや、小説でもねぇけど。
うそつきのせかい。近日公開!
ちなみに、そんな予定はありません。

今日はテスト終わって12時に帰って、長沢さんとギルギアやってた。
いつも負けてたブリに勝てたし満足満足。

にしてもマジ強いな長沢さん。
やっと五分つけたわ。

さて、明日は財閥と遊ぶしギルギアでボコボコにするかね。
ていうか多分近日中に長沢さんとコンビ組んで財閥達にギルギアの喧嘩売りに行きますね。
[PR]



by u-pa-ru-pa | 2006-10-13 21:51 | 日記

ロゴ画像はFRさんに描いていただいたものを使用させていただいています。小説とか書いてます
by u-pa-ru-pa
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

椎名桜の日々の出来事を叩きつけるブログ(仮
管理人 椎名 桜様
メガネ、褐色、巨乳率高めなお絵かきブログ。
やべぇ絵がエロイ。アニキ超エロイ。
そして毎日叩きつけとか俺も見習いたいもんです


Stabilityrooms(安定の部屋)
管理人 安定様
萌えを描き続ける癒し系創造空間。ほんわかした空気でとりあえず癒されて来い。話はそれからだ

大雑把な桃源郷。
管理人 玖条 柳様
物書きを目指す者のテリトリー。常に固有結界「サンクチュアリ」が周囲を覆っており、故にそこは桃源郷と称え称される

独身貴族ボヘミアンズ
管理人 司様
BLもGLも何でも来いな司さんのサイト。面白いコンテツも豊富で、ギルティギアのアクセル攻略もあるんだぜ!

Shadowbox
管理人 浅禾様
スパロボや勇者シリーズが大好きな浅禾さんのサイト。HPのメインは小説の創作と日記。特に日記が面白い

今だ!奴に女装をはっつけろ!
管理人 黒子様
連ザとかガンダムのカードゲーム等がメインの黒子さんのブログ。後はリセやカマキリも取り扱ってます

BLUE SKY OF IMAGINE
管理人 稲城様
綺麗なイラストが置いてある稲城さんのHP。
メインは勿論絵で、ブログもやっています。


砂で作った一夜城
管理人 電崎雷蔵之介幸宗様
現代日本において尚武士の心を忘れない雷蔵さんのブログ。話題は映画とか筋トレとか。

水蓮の池
管理人 水蓮
リアル友人水蓮のブログ。主な話題はポケモンや日常の事。ポケモンが好きな方は迷わずGO!

ラジオ用の掲示板
管理人 カイデン
たまにラジオやります。二人でもやったりするぜ!

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧